イヴァンカ - 傷んだ髪に悩む全ての人へ

髪のダメージ傷みの原因

美容室イヴァンカIVANKA情報IVANKAブランドストーリー美容室 料金イヴァンカ美容室リスト髪の悩みを解決無添加シャンプーイヴァンカの販売イヴァンカよくある質問問い合わせ

髪の悩み | くせ毛 | 抜け毛 | ダメージ | 博士養成所 | 悩み一覧 | 相談
IVANKAホーム>髪の悩み>傷んだ髪の対策>傷みの原因


 さまざまな原因が考えられますが、代表的なもの4つ上げておきましょう。


ダメージヘアの原因 1.パーマ剤やカラー剤など美容院での施術

パーマ、ヘアカラー、ストレートパーマ、全ては化学薬品を使って髪を変性させていきます。
髪が膨潤(ふやけて)してしまって、髪の中身が抜けやすくなっています。
したがってパーマやカラーをしてすぐ髪が傷むのではなく、その後のお手入れによって髪の傷みが
加速していくと考えられます。



ダメージヘアの原因 2.シャンプーの仕方(毎日のお手入れ)

ここではシャンプーとタオルドライの仕方について説明しておきましょう。

毎日するシャンプーですが、大切な事は濡れた髪が摩擦にとても弱いという事。
シャンプーは必ずアワをしっかり立ててから頭皮をこすらないと摩擦で毛先が傷んでしまいます。

又見過ごしがちなのがタオルドライです。
こすればこするほど髪のキューティクルはダメージを受けます。
濡れた髪の扱いがダメージを引き起こしますので、常に優しくを心がけて下さい。



ダメージヘアの原因 3.ブローなどの髪の扱い方(毎日のお手入れ)

ブローも髪の傷む原因としてご承知の事だと思いますが、乾かさない事も髪のダメージにつながります。

水に濡れた髪はふやけてますので(うろこのようについているキューティクルが開いています。)
根元から毛先に向かってキューティクルを閉じるように(引き締めるように)指を通しながら乾かす事が大切です。

ただ乾かすだけではドライヤーの熱風の方向がキューティクルを逆立てる事になり
髪がバサバサに乾いてしまいダメージヘアの原因になります。

又濡れた髪をとかす時も優しくとかさないとダメージにつながりますので気をつけたいものです。



ダメージヘアの原因 4.紫外線などの外からの刺激

外からの刺激で代表的なものの中に紫外線があります。
近年は光老化といってお肌も紫外線で傷つけられてしまいます。

髪は性質上、紫外線を吸収しやすいという特徴があり
紫外線を吸収すると髪の内部のタンパク質バランスがくずれ
髪の中の水分保有率がさがります。

さらに直射日光にあたると髪は乾燥してしまいダメージの原因になります。

また強い風やほこり、クーラーや暖房などの空調
又、プールや海など全て乾燥の原因になり、髪がダメージを受けてしまいます。
リゾート地やレジャーにお出かけの際は注意が必要かと思います。
紫外線に注意!



ダメージヘアTOPへ           髪の悩み相談TOPへ


イヴァンカTOP | トピックス | ブランドストーリー | 美容室メニュー | IVANKA美容室リスト | 髪の悩み | 通信販売 | 質問 | メール

 モデル募集求人会社概要サイトマップ                                      Copyrighit(C)IVANKA All Rights Reserved